『新版 日本型移民国家への道』 (東信堂発行)

坂中提案

hyousi-21
2014年に入り、移民国家をめぐる議論がにわかに熱を帯びてきた。2月13日の衆議院予算委員会において安倍晋三首相は古川元久委員の「移民の受け入れ」に関する質問に対し、「国民的議論を経た上で、多様な角度から検討する必要がある」旨の答弁を行った。

安倍首相が自ら移民受け入れの国民的議論を呼びかけたことの持つ意味は大きい。さっそく政府部内から大きな動きがあった。首相のおひざもとの内閣府は2月24日、2015年から年間20万人の移民を受け入れ、かつ2.07の出生率の目標を早期に達成し、もって100年後の日本が1億の人口を擁する国をめざすという未来構想を発表した。

建設業、製造業、林業、介護福祉分野など深刻な人手不足に悩む産業界から、外国人材の受け入れを求める声が上がった。内外のメディアの私への取材が急増した。5月16日、日本外国特派員協会において「日本の移民国家ビジョン」のテーマで講演した。全国紙など日本の主要メディアも移民受け入れ問題を本格的に取り上げる構えだ。移民政策について各方面で議論が沸騰する日は近いと感じる。

2004年から移民の受け入れについての議論を国民に呼びかけてきた私のまちにまった時代がやってきた。この新版は、移民国家が視界に入ったのに合わせたかのようなタイミングで刊行される。

移民国家の議論を盛り上げるうえで不可欠の文献として大いに活用してほしい。移民国家に移行した後の日本のあるべき姿を視野に入れた76本の小論文、エッセーが加わり、内容も充実し、装いも一新した「日本型移民国家への道」が、日本の移民政策を考えるときのバイブルとして末永く読み継がれることを願ってやまない。

« »