『新版 日本型移民国家への道』(東信堂)の発行

坂中提案

 2014年に入り、移民国家をめぐる議論がにわかに熱を帯びてきた。2月13日の衆議院予算委員会において安倍晋三首相は古川元久委員の「移民の受け入れ」に関する質問に対し、「国民的議論を経た上で、多様な角度から検討する必要がある」旨の答弁を行った。

 安倍首相が自ら移民受け入れの国民的議論を呼びかけたことの持つ意味は大きい。さっそく政府部内から大きな動きがあった。首相のおひざもとの内閣府は2月24日、2015年から年間20万人の移民を受け入れ、かつ2.07の出生率の目標を早期に達成し、もって100年後の日本が1億の人口を擁する国をめざすという未来構想を発表した。

 建設業、介護福祉分野など深刻な人手不足に悩む産業界から、外国人材の受け入れを求める声が上がった。内外のメディアの私への取材が急増した。5月16日、日本外国特派員協会において「日本の移民国家ビジョン」のテーマで講演した。全国紙など日本の主要メディアも移民受け入れ問題を本格的に取り上げる構えだ。移民政策について各方面で議論が沸騰する日は近いと感じる。

 2004年から移民の受け入れについての議論を国民に呼びかけてきた私のまちにまった時代がやってきた。この新版は、新しい時代の到来に合わせたかのようなタイミングで刊行される。

 移民国家の議論を盛り上げるうえで不可欠の文献として大いに活用してほしい。移民国家に移行した後の日本のあるべき姿を視野に入れた76本の小論文、エッセーが加わり、内容も充実し、装いも一新した「日本型移民国家への道」が、日本の移民政策を考えるときのバイブルとして末永く読み継がれることを願ってやまない。

 以下において新たに加わった五つの部の概略を紹介する。

 第一部「日本の移民国家ビジョン―人類共同体の創成に挑む」は、2014年4月25日、南カリフォルニア大学日本宗教・文化研究センター主催の「日本の移民政策に関するシンポジウム」で行った基調講演の原稿(日本語版)である。このスピーチ原稿は日本の移民政策理論の金字塔を打ち立てることを目指した野心作である。世界の移民政策の専門家が集まったシンポジウムにおける講演は好評を博した。これが新版の巻頭をかざるゆえんである。

 第二部「移民国家創成の胎動を感じる」、第三部「人口崩壊が迫る日本の移民政策」、第四部「入管時代」および第五部「移民革命の先導者」を構成する文章はいずれも、一般社団法人移民政策研究所のホームページの坂中ブログに載ったものである。

 私は2013年5月から今日までほぼ連日、坂中ブログに移民政策関係の論説を発表してきた。毎日の日課のように義務的に書き続けた結果、この1年間に投稿した文章は相当な分量になった。その中から比較的できのいい文章を選び、四部門に分けて、ここに収録した次第である。

 第二部には、「人口危機の日本を救った偉大な宰相」「移民国家の議論を深める時がきた」「移民に関する大論争を期待する」「多神教の日本人は欧州諸国の上をいく移民国家をめざす」「オールジャパンで千年に一回の大革命をやろう」「世界の投資家の対日投資戦略と日本の移民政策」「持続可能な国づくりに移民革命プラス社会革命が必須条件」「移民の開放で地方再生の道が開ける」「世界のジャーナリストが移民政策の先駆者と認めた」「日本人は人類共同体の創成に挑戦する資格がある」などの表題の文章を入れた。これらの文章から移民国家が誕生しようとしている胎動を感じとっていただければ幸いである。

 第三部には、「人口秩序を正す切り札は移民政策」「国の存亡をかけて移民問題を討議する時がきた」「日本の若者と留学生の交友関係の進展を期待する」「移民経済学のすすめ」「人口空白の日本への不法な人口流入を許してはならない」「少数言語文化研究所の設立をねがう」「プロの日本語教師の育成が急務」「移民と外国人観光客は日本と世界をつなぐ『平和のパスポート』」「現代の人類は人種的に一つになる未来へ向かっているのか」「なぜ『移民』なのか」などの見出しの文章が入っている。移民政策の本質問題からその周辺の諸問題に至るさまざまな課題について考察したものである。
 
 第四部には、「移民政策一本の道」「出稼ぎ中国人との闘いの日々」「日系ブラジル人に簡易に『永住者』の資格を」「人身売買―『フィリピン・パブ』との最終戦争」「在日韓国・朝鮮人問題は平和的に解決された」「『民族大移動』は『壮大な拉致』だった」など、法務省時代の軌跡をたどった。入管戦記ないし反骨の官僚の回顧録である。

 第五部には、「世界の救世主」「天命と天職と奇跡」「大きな夢を描けば大きな花が咲く」「日本の革命思想は人類共同体を創造する平和哲学」「幸運の星の下に生まれた坂中論文は天寿を全うした」「日本を移民国家に導く原動力となった論文」「ミスターイミグレーションが立てた移民政策は説得力がある」「一刻も早い日本人妻の永住帰国を求める」などのタイトルの文章を収録した。その中に私の人生観や今後の行動指針をつづったエッセー風小論が含まれている。一例を挙げると、「移民国家日本の象徴的存在になることを究極の目標とし、移民国家の創始者としての器量を身につけるため精進する」と語っている(「天命を知り、天職に従事し、運命に従う」の項)。

« »