1. TOP
  2. メディア
  3. 『坂中英徳の移民政策案内』

『坂中英徳の移民政策案内』

        『坂中英徳の移民政策案内』序文

 『坂中英徳の移民政策案内』という題名の著作を出版する。日本の移民政策の世界は坂中英徳の独立独歩の時代が長く続いた。「移民政策」という言葉の使用自体もタブーとされる状況が続いた。
 その局面が大きく動いたのは最近のことである。安倍晋三首相が「移民政策はとらない」と繰り返し強調したことがきっかけになって、移民政策という「新しい国づくりのキーワード」が爆発的に広がった。
 「これは移民政策ではない」と、移民嫌いの政府は土俵際で必死になってこらえているが、2018年10月の国会において「このたびの入管法改正は実質上の移民政策への転換ではないのか」という野党の攻勢にたじたじというか、逃げ腰というか、国民の前に醜態をさらした。
 日本という国は、公式の見解から判断する限り、国政をあずかる最高権力者が移民政策を毛嫌いする国である。世論と時勢を読めない政治が断末魔を迎える日は近いと感じる。歴史教科書は「安倍晋三首相は最後の最後まで移民政策に抵抗した」と記述するであろう。
 移民政策研究所の所長として、日本の移民政策のパイオニアとして、「移民政策」という言葉が市民権を得たのは喜ばしい限りである。
 しかしながら、移民政策のプロの眼には、移民政策という言葉がひとり歩きし、政治家やメディア関係者が各人各様に使っているように見える。この言葉の持つ真の意義を理解したうえで使用しているとは言い難い。
 与野党の議員がにわか仕込みの思いつきで討論している。政府側も準備不足で答えに窮し、議論は全くかみ合っていない。与党も野党も移民政策をとることの是非について腰が定まっていないから、党の見解を開陳することもない。まるではれ物に触るよう態度で質疑応答している。これが日本の未来を背負う政治家諸氏の実体だと思うと、移民国家ニッポンの行く末が思いやられる。
 移民政策に関し無責任政治が続けば日本の将来はお先真っ暗だ。50年後の国民から国家存亡の危機に当代の政治家がどのような行動をとったのか、それが厳しく問われることになろう。
 
 さて、外国人の受け入れの歴史が長い欧米諸国は、最初は人身売買による奴隷労働者として外国人を入れた。しかし、現代世界において最善の外国人受け入れ法とされているのは、じつは「移民政策」なのである。欧米の研究者の間では、移住者の立場からの「emigrant」と、入国管理の立場からの「immigrant」の言葉がもっぱら使われている。21世紀の今日、「奴隷労働者」はもとより「外国人労働者」という言葉も禁句になった。
 ひるがえって日本の政治家やジャーナリストの間では「技能実習」「単純労働」「外国人労働者」という言葉が大手を振って歩いている。社会の一員として迎える移民の受け入れと、労働力としてこき使う外国人労働者の受け入れとの違いや、国連などから「日本版奴隷制度」と酷評されている技能実習制度と、人類同胞として永住者として迎える移民政策とは相容れないものとの認識が十分でないという印象をぬぐえない。
 
 わたしは1200年間続いた移民鎖国の時代が終わったと実感する。安倍晋三首相が国会で「外国人との共生社会の実現」を語る新時代に入った。
 2018年12月20日の記者会見において平成天皇は、「各国から我が国に来て仕事をする人々を、社会の一員として私ども皆が温かく迎えることができるよう願っています」と、移民社会の未来を照らす方針を国民に示された。国民が一丸となって世界の範となる移民社会をつくる時代の幕開きである。
 
 この新作は、新しい時代の扉を開くタイミングで、移民政策一筋の坂中英徳が何を考え、何を行なったかを紹介し、移民政策の新たな展開と移民社会の魅力を広く国民に知ってもらう目的で書き下ろしたものである。
 これは感情の赴くまま激動の人生を語った坂中英徳のプロファイルである。移民政策研究の回顧と展望をつづった。移民政策の現場で中心的な役割を果たした坂中英徳の実践的体験記である。
 生前も死後も内外の知識人が坂中人物論を試みるだろう。後世の歴史家は「移民国家に至る歴史書」を書くだろう。その場合の基礎資料になることを念頭において歴史的事実を正確に引用するなど正確性を期した。移民政策の立案という主観的見解の最たるものに言及するときも説得力のある論理展開を心がけた。
 日本および世界の移民政策の進むべき目標を示す「座標軸」として、移民政策研究を志す人たちが手に取る「移民百科事典」として、大いに活用していただきたい。

                                 2019年3月