「週刊新潮」で移民政策のエッセンスを語った

メディア 坂中提案

2月20日発行の「週刊新潮」(2月27日号)に「安倍総理が言及『移民受け入れ』に甲論乙駁」の表題の記事が載っている。同誌の立場は、移民の受け入れについて、「侃々諤々とやり合うべきときだろう」である。

私は週刊新潮のインタビュ―に応じ、2月13日の安倍総理の国会答弁について、「移民問題はタブ―視されてきた。画期的な答弁です」と評価したうえで、次のように述べた。

〈日本はこれから50年間で人口が約4000万人減ります。地域社会が崩壊し、農業や介護の担い手がいなくなる。すでに建設業や製造業でも人手不足が顕著になっています。〉

〈欧米でも、日本が直面する最大の問題は人口崩壊と指摘されています。米国のウォ―ル街でも、移民受け入れなら日本は買い、拒否なら売りです。人口がどんどん減って、生産や消費が落ち込んでいく国に、誰が投資をするでしょうか。〉

〈私が提唱するのは、「50年間で1000万人の移民受け入れです。学校で日本語や職業技術を教えてから、移民を定着させれば、日本が抱える諸問題はすぐに解決します。〉

« »