「移民」と「国民」

坂中提案

わたしは「移民」という言葉を、世界の常識に従い、「入管法に定める永住許可を受けた外国人」の意味で用いる。米国移民法における「グリーンカード取得者」と同じ意味である。

なお、「移民」(永住者)の概念と「国民」(国籍・市民権)の概念とは、関連性はあるが、法律上は別物である。

欧米諸国の外国人の受け入れの歴史を見ると、最初は奴隷として、その後は労働力として外国人を入れてきた。現代の世界では、移民(永住者)として、人間として、外国人を迎えるのが主流である。移民政策が人道にかなう最善の外国人受け入れ方法とされている。

たとえば、第二次世界大戦後一貫して外国人を労働力として入れてきたドイツは、2005年に移民国家宣言を行った。以後、外国人を永住者の地位で入れる移民政策を積極的に展開し、今ではヨーロッパ第一の移民国家と認められている。

外国人労働者は、産業界が外国人を労働力として、景気がいい時には入れて景気が悪くなれば追い返すものである。多くの場合、人間として遇されることはなく、低賃金の労働力としてこき使われる。実際上は奴隷とあまり変わらない実態も見られる。

移民は日本に永住する外国人である。将来国籍を取得する可能性のある外国人である。移民は社会の一員として納税義務をはたし、社会保障制度に加入する。憲法上国民固有の権利とされる選挙権・被選挙権・国家公務員就任権以外の権利を有する。

国民の数が激減する日本のあるべき外国人政策について言えば、国民の増加に直結する移民政策以外の選択肢はない。将来の国民として、生活者として、働き手として、移民とその家族の入国を認めるのが、人口減少社会の国が採るべき外国人政策である。

« »