「民族の心」と「寛容の心」がある日本人が理想

坂中提案

移民時代に生きる日本人の子供の未来は、移民の子供とどのような関係を築くかによって決まると言っても過言ではない。

日本人が移民と良好な関係を結ぶには「民族の心」と「寛容の心」を合わせ持つ日本人の育成が肝要である。精神の純粋性と許容性を兼ね備えた日本人が多数を占める社会こそ真の多民族共生社会だ。

大量移民時代が来ると、小中学校に通う移民の子供が飛躍的に増えるので、移民と机を並べて勉強する小中学生向けの多民族共生教育が重要になる。

多民族共生教育を実施する前提として、国は、子供の個性の芽を摘んで「均質な日本人」をつくる教育から、個性の芽を伸ばして「多様な日本人」をつくる教育へと、初等中等教育のあり方を根本的に改めなければならない。

そのうえで、小学生から中学生までの子供が正しい外国人観、外国人との交際法を身につけるための教育を徹底して行う。そのための啓発科目を小中学校のカリキュラムの中に入れることも必要だ。

学校だけでなく家庭においても地球上にはいろいろな民族が存在すること、すべての民族の存在意義を認めること、日本人であることに誇りを持つことについて、親と子が語り合ってほしい。

日本の学校で移民の子との異文化交流を体験すれば、日本の児童・生徒・学生は変わると考えている。心の広い理想の日本人に成長するだろう。

移民と一緒に学ぶ日本の子供、若者は、異なる民族との交流で日本人であることに目覚める。移民とのはだかの付き合いを通して人間は多様なものであることを肌で知る。移民が日本文化を高く評価するのを見聞して日本文化の良さを再発見する。

« »