「地球社会に生きる君たちへ」―産経新聞2012/9/8

メディア

 2012年9月8日、移民政策研究所主催の「『多文化共生』論文・エッセイコンテスト」の開催に当たり、問題提起の文章を産経新聞に寄せた。「地球社会に生きる君たちへ」と題し、次のように語った。
 
 <政府の人口推計によると、50年後の日本は1人の現役世代が1人の高齢者を支えなければならない社会が訪れるという。若い世代の前途には、現役時代には重い負担を強いられ、老後には何の福祉を受けられない、不公平極まる社会が待っているだ。日本が人口崩壊を免れる唯一の対応策は、若者が移民を歓迎することである。世界の諸民族を広い心で受け入れ、多様な価値観が共存する日本を創れるかで君たちの未来が決まる。>

 <地球時代に生きる君たちは、多種から成る人類社会で互いが異なる存在にひきつけられ、結婚と混血を重ねて一つの種に収斂されていく、はるか未来の人類の姿に思いをはせてほしい。
人類は、多様な人種・民族に枝分かれしたが、祖先を同じくするから、同胞意識や異文化への憧れ、共通する文化を多量に持っている。百年後の地球社会を想像すれば、大量人口移動の時代に入っており、異なる民族間の結婚が当たり前の社会になっているだろう。>

<記事>「地球社会に生きる君たちへ」

« »