「人口危機をロボットが救う?―労働人口が減少する日本は移民を拒み、テクノロジーに頼る」―ワシントンポスト2008/1/7

メディア

 2008年1月7日の『ワシントンポスト』に「人口危機をロボットが救う?―労働人口が減少する日本は移民を拒み、テクノロジーに頼る」という見出しの記事が載った。人口危機に向かって進んでいる日本が選ぶのは日本人の好きなロボットであって苦手な外国人ではないだろうと、移民の受け入れに消極的な日本の姿勢を皮肉ったものだ。

 私はワシントンポストのインタビューに応じ、以下のように述べた。

<ロボットは有益であるが、人口減少問題の根本的な解決にならない。>

<日本政府は、移民を受け入れ、教育し、支援するという、もっとまっとうなことに金を使ったほうがよい。>

<日本が経済大国の地位を維持しようというのであれば、ロボットではなく人間が必要である。それも今すぐ海外から人間を受け入れなければならない。これから50年間で少なくとも1千万人の移民を受け入れる以外、日本にとって合理的な選択肢はない。>

<政治家は移民受け入れ問題に取り組まない。票に結びつかないからだ。政治家こそ日本の未来について考えるべきであるのに。>

 「1千万人の移民受け入れ」について、ワシントンポスト紙は、「坂中の提案を実現するのは難事業だ。もともと日本人は外国人が嫌いだし、外国人人口の割合はたったの1.6 %である。
坂中の移民受け入れ提案は、現時点では、政治指導者たちの支持を得ていない」とコメントした。

<記事>
<日本語訳>

« »