1. TOP
  2. 政策提言
  3. 「万人を温かく迎える天皇を戴く日本」(The Economist)

「万人を温かく迎える天皇を戴く日本」(The Economist)

2016年8月、英国エコノミスト誌の東京支局長の取材を受けた。取材に対し、英国を筆頭に主要移民国家の移民排斥の動きに危機感を覚えること、今こそ日本政府が人類共同体の理想を掲げ、50年間で1000万人の移民を迎え入れると世界の人々に宣言する時であること、日本の政治家が移民立国に向けて動き出したことなど移民政策をめぐる最近の動きと、日本型移民政策のエッセンスを説明した。すると、移民政策研究所長が唱える独創的な移民政策を紹介する記事が出た。

『The Economist』(8月20日号、2016年)の「日本への移民――狭き門が開き始めた」と題する記事である。坂中英徳移民政策研究所長の50年間で1000万人の移民を入れる移民政策提言と、石破茂衆議院議員の移民政策に関する見解を紹介の上、同誌は以下のように日本における移民政策の動向に言及し、日本の移民政策に関する特集記事を結んだ。

〈坂中氏と石破氏は、移民には、日本語と日本の風俗習慣を学び、かつ日本の皇室に敬意を払ってもらう必要があると考えている。いずれにしろ、日本は経済的理由で大量の移民の受け入れが避けられない。日本復興を強調する安倍首相の選択肢もそれしかない。〉

日本の皇室と日本の移民政策を結びつける発想は日本人にはないものである。王室を戴く英国人ならではの見方であるが、日の丸と神社の鳥居のイラスト入りで移民政策と皇室の安寧との一体関係を暗示したこの記事は海外のみならず国内でも大きな反響を呼んだと聞いた。よく考えると、移民に王室への敬意を表してもらう必要があるという考えは世界の常識であったのだ。

『エコノミスト』の移民特集記事は、教育重視の日本スタイルの移民政策の特色と、人種・民族・宗教の違いに関係なく万人を懐に温かく迎える日本皇室のすばらしさを世界の人々に紹介し、従来の移民鎖国の日本イメージの歴史的転換を迫るものであると、私はその記事の意義を理解した。わたし自身も日本型移民政策が世界の注目の的になるという身に余る光栄に浴した。

エコノミスト誌の記事に触発された私は、日本の皇室と日本の移民政策の関係について深く考えるようになった。そして平成天皇の御退位の日が決まった今、「平成の御世の最後を移民国家宣言で飾ってほしい」と政府にお願いしている。