1. TOP
  2. 政策提言
  3. 「コロナウイルス問題の克服」から「人類運命共同体精神の醸成」へ

「コロナウイルス問題の克服」から「人類運命共同体精神の醸成」へ

この年になると新しい発想も政策提言も生まれない。この10年間は、マンネリズムの極みのような文章を綴っている。マンネリズムの論文が一概に悪いというわけではなく、より洗練されたもの、より説得力のあるものに進歩した面もあると自分では思っている。最近の私は、人類が「コロナウイルス問題の克服」から一直線で「人類運命共同体精神の醸成」の方向に進んでほしいと願っている。

私が隠居仕事として綴っている回顧録の中には、憂国の情のつまった文章、あるいは長年のうっぷんを晴らす文章、そのような性格の作品が目立つと感じる。現在は、100部しか印刷しないので読者は坂中フアンの同志に限られる。しかし、近未来には、コロナウイルスの蔓延で人類が大量に死亡する時代に生きた坂中英徳が唱えた人類運命共同体思想は、日本人はもとより世界の人々の共感を獲得しているかもしれない。