移民革命と情報革命

坂中提案

遅ればせながらパソコンが使えるようになり、私は2013年4月から現在まで、一般社団法人移民政策研究所のホ―ムぺージとフェイスブックで連日、移民政策を語っている。この2年4月(2013年4月から2015年8月)、ホームページとフエイスブックに日課のように小論文を投稿してきた。その数は1000本を超える。

フエィスブックにおいては、私の問題提起を受けて移民賛成派の人たちの間で建設的な移民国家議論が行われている。ネットを介して坂中英徳移民政策研究所所長の移民革命論が日本中に広まり、ネット上では「移民」「移民政策」「移民革命」「移民1000万人構想」などの言葉が普通に使われている。インターネットの世界では移民革命前夜のような雰囲気が漂っている。移民革命と情報革命は密接不可分の関係にあることを改めて思い知らされた。

一例を挙げる。2014年7月の移民政策研究所のホームページへの一日あたりのアクセス数が1万1000件にはね上がった。この驚異的な数字は若い人たちが移民政策に期待を寄せていることの現れである。さらに、2015年8月の読売新聞の「人口減社会に関する全国世論調査」によると、20代の若者の実に50%が移民の受け入れに賛成と答えている。若い世代はネットで移民政策の必然性を理解したにちがいない。このことの持つ意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。

私は日本の若者を誇りに思う。まちがいなく心の広さでは世界一だ。寛容の心のある若い世代が先導役を務める日本は世界の若者が憧れる移民国家を建設できると確信した。

若い人たちが先陣を切って移民受け入れの論戦が始まったのは画期的なことである。新しい時代の幕開けを飾るのにふさわしい。若い人たちが最新の情報技術を駆使して日本の歴史に新たなページを加えてほしい。「平成の若者が決起して日本を移民国家に導いた」と、後世の歴史家は歴史書に記述するであろう。
 

« »